未分類

母子感染の給付金請求

母子感染をした方が給付金請求をする際のポイントを教えましょう。たとえば母親が亡くなっているケースがあります。その場合でも母子感染した子供が給付金を請求することは可能です。この場合、親がB型肝炎に国のせいで感染していたことを示す必要があります。たとえば血液検査の結果が参考になるでしょう。適切な資料を集めることができれば良いのです。親が母子感染ではなくB型肝炎に感染したことを認めてもらうのです。

弁護士母子感染によるB型肝炎の給付金請求では、親が集団予防接種で感染をしていて、本人が継続感染していることが条件となっています。さらに親以外に感染経路がないことも示さなければいけません。たとえばB型肝炎というのは性交渉によっても感染してしまうのです。国のせいでB型肝炎に感染したことが断言できなければいけないのです。

二次感染を証明する資料をしっかりと用意しましょう。具体的にどのような資料が必要なのかは素人には判断できない可能性があります。その場合は弁護士に相談をすると良いでしょう。この件について弁護士を頼る方はたくさんいます。国からも弁護士費用を補助してくれる制度があるのです弁護士にB型肝炎相談をして、給付金請求をすると良いでしょう。