病院3

きてしまいます。ただし、現在では予防をすることができます。その際には出産直後とさらに1ヶ月後と6ヶ月後に注射をすれば良いのです。これによって母子感染を防止することができるでしょう。ただし、このような対策が取られるようになるまえに生まれた方については、親がB型肝炎に感染していて、それが子供にも感染してしまうケースはあるのです。

また、今でもきちんと対策をしなければ母子感染する可能性はあります。もし母親のウイルス量が多い場合には、子供のほとんどがB型肝炎に感染してしまうでしょう。そうなると子供はウイルスキャリアになってしまい、将来は慢性肝炎や肝臓がん、肝硬変になる可能性があるのです。

これを防ぐためにも今ではしっかりと感染防御をするための対策が考えられています。一度感染してしまうとB型肝炎ウイルスを身体の中から排除することは難しいとされています。こちらのウイルスはDNAウイルスと呼ばれているタイプであり、DNAの中に入り込んでしまう性質があるからです。

そのため、治療をしたとしても排除することができません。もし親が国の不手際で集団感染した被害者の場合は、そこから母子感染をした子供も被害者であり、国から給付金を受け取ることができます。

「母子感染の給付金請求」