未分類

B型肝炎と母子感染

B型肝炎ウイルスというものがあります。こちらは血液を経由して感染するウイルスです。基本的には無症状で経過することになるのですが、中には急性肝炎を発症したり、持続感染してしまうこともあります。肝硬変になってしまうこともあるのです。場合によっては死に至るケースも存在します。

注射器そんなB型肝炎は日本では集団感染が起きていたという事実があります。集団予防接種が子供達に対して行われていますが、その際に注射器を連続使用していたのを国が放置していたのです。その結果としてかなりの数の感染者が生じました。その中には今でもキャリアとなっている方がいます。また、B型肝炎というのは母子感染するケースもあります。今では感染を防ぐことができているのですが、そのような対策が取られていなかった時代に生まれた人の中には母子感染してB型肝炎に感染してしまったという方もいるのです。

このようなB型肝炎の感染というのは国の責任が問われており、実際に集団訴訟が行われました。その結果として和解が成立しており、今では感染者が給付金を受け取れるようになっています。その対象となっているのは一時感染者だけではなくて二次感染者も含まれています。そのため、母子感染した人であっても給付金を受け取ることができるのです。

こちらではB型肝炎について、母子感染をすることや給付金についての情報を提供しましょう。母子感染したケースでも給付金を受け取ることができるため、そのことはきちんと理解しましょう。役に立つ情報を提供しましょう。